オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

防音工事の費用は、業者によってまちまちで明確な平均というものはありません。あえて基準を設けるとすれば一坪40万円と言われています。
費用を算出する目安は、工事を行う家の立地、使用している楽器、顧客が望む防音の性能によって変わって来るためです。
それでもあえて基準から無理やりではありますが、だいたいの金額を出すとすれば、ピアノなど一番スタンダードな防音室の場合で4.5畳が180万円からとなります。
そこから少し防音性能を上げなければいけないドラムの防音室は同じく4.5畳で200万円から、といったお値段です。
これがスタジオになると一坪80万になります。

昨今では、安さを謳った業者も多いようですが、防音工事は顧客の要望に柔軟に対応しなければならない工事のため、優良な業者は簡単に安く請け負うということはないようです。
いざ工事をしてみたけれど効果がないといった事がないように業者は慎重に選ぶ事が大切です。

防音工事をするにあたってどのようなメリットがあるのでしょう。もちろん、楽器の音漏れによるご近所トラブルを防ぐ目的も大きいですが、それ以外にも防音室を作るメリットがあります。

まず忘れてはいけないことは、防音工事とは周りに音を聞こえなくするためだけのものではないということです。
そして、完全に音を聞こえなくするというわけでもありません。防音にも段階が定められており、居住区における防音はほとんどの場合「小さく聞こえる」程度に留まります。小さく聞こえてはしまいますが、クレームはこないといったレベルということです。
音以外でも防音工事のメリットとしては、ドラムなど叩いた時に生じる振動を遮断してくれることも挙げられます。

また、周りへの音の影響を遮断できるということは、防音室では反対に周りの音を遮断してくれるということでもあります。
プロを目指したい方や集中したい時に周りの音が気になってしまう方にも防音室はオススメできます。

そして防音工事をすると密閉性が向上するので、温度や湿度変化に弱いピアノの保存にも向いています。
ピアノは、高いもので新品1000万円以上するものもある高額な楽器ですが、メンテナンスと設置環境さえ気をつければ100年先も使えるものですから、環境に気を使うのは当然と言えるでしょう。